社会福祉法人秀和会 しあわせの星保育園 福岡県福岡市南区老司5丁目2-6  TEL 092-565-5110 FAX 092-565-5313

2019年4月1日  「人とつながる力」   

春爛漫、満開の桜が小学校へ入学する三十六名の卒園児を祝福し、新たに入園する三十三名の子どもたちを職員、在園児が心から歓迎します。 改元の年 二〇十九年度は百八十九名の園児と四十数名の職員でスタートしました。 さて、在園児の子どもたちは三月十八日に進級式を行い、新しいクラスで新担任と保育園生活が始まりました。子どもたちは環境にすぐに慣れ、新しい友だちが出来て、楽しく落ち着いた様子で過ごしています。  日本は来年の東京オリンピックを控え、国全体が大会の成功に向けて大きく動き出しています。たくさんの外国からのゲストを迎え、更に国際化が進み、世界に通用するサービスやおもてなしで日本びいきの人を増やすチャンスと私は考えます。 現代、少子高齢化が加速度を上げて進み、労働人口が減り、社会構造が変化しています。どんなに時代がかわっても中心は人です。これまで以上にコミュニケーション力が必要とされます。保育園では毎日いろいろなことがありますが、世間で少なくなった三間(時間・空間・仲間)があります。一日の時間がゆっくりと流れ、子どもたちは集団生活の中で多くのものを学び、基本的生活習慣を身につけてきます。お友だちと仲良くすることも自然に体得し、社会性が育ちます。 子どもは遊びを通していろいろなことを学び、遊び込むことで集中力を養います。また、こどもたちがいろいろな人と交わり、多様な経験をすることで、心豊かでたくましい人に育ちます。  人としての基礎を育む幼児教育は人格形成にとって最も大切です。保育園の特性である「養護と教育を一体的に行うこと」で子どもたちの心を育て、どんなに時代がかわっても「行き抜いていく力」を授けます。多くの人が集う保育園が更に魅力ある場所になるよう保育環境を整え、子どもたちにとってより良い保育を行います。全ての人が「わくわくドキドキいつも楽しい保育園」と感じられる園づくりに取り組みます。 今年度も子どもと、保育園に関わる全ての皆様の 「しあわせづくり人づくり」に全力を尽くしますのでご理解とご協力をよろしくお願いします。  

園長 井上 正志

   
しあわせの星からのおしらせ   委員会だより   給食室から
   

   << 姉妹園; 脇山保育園のホームページ

 

社会福祉法人秀和会 法人定款リンク

 

 
 

Shiawase no hoshi nursery school 2014 All rights reserved.